生活習慣の改善

生活習慣の改善

不規則な生活習慣の改善

基本的なところで不規則な生活習慣を改善するというところです。これは育毛対策だけでなく、健康にも関係します。生活習慣を改善することで体質も良くなり育毛につながるということです。

 

では生活習慣を見直すというとどのようなことを行っていくのでしょうか。

食生活の改善

まず挙げるとするなら偏った食生活の改善です。かなりの方が摂らなければいけない栄養成分が足りていないとか偏っていたりします。そこから太ったり血液がドロドロになったりそれと同時に抜け毛増加にもつながっていくことがほとんどです。ここで肉とか美味しいものは控えなさいということでしょと思っている方も多いと思います。

 

そうです、その通りです。

 

単純に肉類がいけないというわけではありません。

 

摂りすぎることがいけないということです。もっというと食べ物にはアルカリ性と酸性があり、アルカリ性の食べ物を積極的に食べることが良いと言われています。太っている方などにも同じことが言えると思います。

 

ちなみに酸性の食品はというと肉、魚、卵、穀類や海苔もこちらに分類されます。

 

アルカリ性食品は野菜、果物、大豆、きのこ、わかめはこちらに分類されます。まあ良く言われる体に良いものはアルカリ性の食品に多いのがわかります。。

 

こういったことも考えて食生活を改善していくことが大事です。

睡眠

睡眠時間が短いのは良くないと言われています。どうしてなのかというと寝ている時間(特に22時から翌2時)に成長ホルモンが多く分泌されると言われています。しかも寝ている間は副交感神経が優位になりリラックス状態になります。

 

ストレスも薄毛に関係するのでちゃんと寝ることが大切なわけです。

ストレスをためない

ストレスからくる病気も多いくらい強いストレスは体にも良くありません。

 

強いストレスがたまると交感神経が優位の状態が続いて、緊張状態が続き、血管が収縮してしまいます。
髪の毛の栄養は血液を通して送られてくるので髪に必要な栄養が行きわたりにくくなります。

 

とはいえストレスフリーという方はほとんどいないと思いますのでなるべくストレスを解消できる環境を整えることが大切になってきます。

髪染め
髪染めで白髪染めや脱色剤のブリーチなどがありますがこれらはとても頭皮に良くありません。
刺激が強いものが多く、あとあと抜け毛につながる原因になります。

 

使わないにこしたことはないのですが、使用するのであればできるだけ頭皮に優しいものを選ぶのが良いかと思います。

喫煙

喫煙も血管を収縮させるので良くありません。

 

他には肺がんなど体にいろいろな悪影響を与えてしまう可能性があるということなのでタバコを吸っている方は禁煙できるというならそうしたほうが良いのではないでしょうか。

お酒

お酒に関しては少量なら悪いものではないということですが、飲みすぎは良くありません。

まとめ

生活習慣の改善もいろいろなことがあります。実はこの生活習慣を改善するというのが育毛剤を使用することなどよりも継続するのがとても難しかったりします。これまでの生活習慣を変えてそれを継続していくことがどれだけ難しいか試してみると気づきます。ですから私の場合は健康補助食品やサプリメントなどで補ったり、定期的にスポーツを行ったりしてストレスをためないようにしたり、工夫してできることから行っています。

 

そうはいってもやはり規則正しい生活というのが大切ですのでやれることから行うと良いと思います。