前髪が少ない!薄くなってきたらすぐ行動しないとヤバイ!

前髪が少ない!薄くなってきたらすぐ行動しないとヤバイ!

まず、前髪が少ないのは元々なのか少なくなってきたのかで話が違います。
まあ人によって元々髪の毛の本数が違うにしても、実際はそれほど変わりませんからおそらく薄くなってきて前髪が少ないという方が多いのではないでしょうか。

 

前髪が少なくなってしまうと困ることといえば髪型にも困りますからおしゃれができないというのがありますね。
茶色などに染めるとなおさら薄さが際立ちますからそれもやりにくいですしね。

 

前髪が薄くなってきているということはもう少ししかないので少し抜けてしまったらもうただのはげになってしまいます。

前髪が少ないというのはどういうことなのか

前髪が少ないということはおそらく薄くなってきているということですから抜け毛が増えて少なくなってきていると思います。
ようは薄毛ですね。
ここで男性なのか女性なのかというところです。

 

まず男性の場合はAGA(男性型脱毛症)の可能性高いと思います。
大体前頭部の生え際あたりか頭頂部から薄くなってくるかその両方から薄くなってくるというのが症状の特徴です。
おそらく前髪が少なくなってきているということは前頭部の生え際からきているのだと思います。
そのままいくとM字やU字型のはげ上がり方になると思います。
これらの原因は遺伝や加齢、男性ホルモン、ストレス、生活習慣など様々な原因が重なり合って起こっている可能性が高いです。

 

では女性の場合はというと前髪だけ少ないということもありますが頭皮全体の髪の毛が全体的に少なくなっている方が多いのでははないでしょうか。
一本一本の髪の毛が細くなって地肌が見えていて、その結果前髪も少ないという状況になってしまいます。
これはパーマや髪染めで頭皮や髪の毛にダメージがあったり、加齢やホルモン、生活習慣などが関係しています。

 

ここで前髪が少ないのでどうにかして改善したいと考えておられる方ばかりだと思います。
ではどうすればよいのかというところです。

前髪が少ないので改善する方法

まず男性の場合はおそらくAGA(男性型脱毛症)なので原因は遺伝、加齢、男性ホルモン、ストレス、生活習慣などが問題ですのでそれらを改善することです。
ストレスに関しても自分でなんとか解消するしかありません。
生活習慣も仕事などが関係してきますからできることを改善することです。
たとえば偏った食生活や栄養不足などを解消することや睡眠不足を解消する、禁煙するなどこれらは自分でできることかと思います。
問題は遺伝や加齢などは自分でどうしようもないことです。
もう加齢はどうしようもありません。
遺伝でよく言われるのが母の父が薄毛だったらはげやすいと言われていますね。
いわゆる隔世遺伝ですね。
これも言われていますが定かではありません。

 

あとは男性ホルモンです。
男性ホルモンのジヒドテストロン(DHT)が多いと薄毛になってしまうということなんです。
詳しく言うとこのジヒドテストロン(DHT)は男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合することでできるのですが、これが髪の毛を作るのに大事な毛乳頭に悪影響を及ぼして髪の毛が生えにくくするということなんです。
ですからこの結合を防ぐことが大事でそれを防ぐための育毛剤やサプリメントがいろいろでているわけです。

 

男性の場合はこういったところでしょうか。
女性も同じような感じですが、女性の場合は男性に比べて改善しやすいということなのでシャンプーを変えたり育毛剤を使ったりすることで改善される人も多いようです。

 

では男性の場合はというと、ここまでいろいろ書きましたが実際にいろいろやってもなかなか結果に結びつかないんです。
私もこれまでいろいろやってきましたから!
いろいろなところで育毛剤を使いましょうとかいろいろ書いていますが、当然育毛剤は使いますよ!
だからって改善できるのかというとそんな簡単なことではなかったりします。
私はいろいろなシャンプーを使ってきましたし、育毛剤も使ってきました。
育毛サロンにも通いました。
生活習慣も必死で改善しました。
頭皮に良いシャンプーを使って育毛剤を使って生活習慣を改善してそれらを並行して継続して行うことが大事なんです。
そして、それでも駄目な人もいるわけです。
それを継続できればよいのですが正直なかなか無理なんですよね。
そして、私がこの前体験でいったAGAクリニックです。
私はAGAクリニックをおすすめします。
薄毛は病院で治す時代です!
私はそう思います。

 

まだまだ行かれている方も少ないとは思いますが良いと思います。
病院に行く感覚で行くのが良いのではないでしょうか。
どういったことをするのかというとカウンセリングを受けて薬を処方してもらうというこだけです。
あとはクリニックによっては独自の治療方法があるのでそれを受けたりするというものです。

 

料金は保険が利かないので高いというイメージがありますが、安く済ませようとすれば月数千円からできます。
プランによっては月数万円もあります。
数千円じゃ効果ないんでしょと思うかもしれませんが、効果は人それぞれ違うので一概には言えませんが、私の知り合いなども含めて数千円のものでも効果が出ています。
ここで個人差があることは理解しておいてくださいね。
特にこの前髪や生え際というのは復活が難しいところなのですが、そこに対してはAGAは良いのではないでしょうか。

 

正直育毛剤だけでは・・・

正直育毛剤だけでは厳しいというのが私の結論です。
維持はできるかもしれません、人によっては改善もできるかもしれません。
育毛剤に生活習慣などを継続できれば改善も可能でしょうが、これを続けるのもとても大変で普通なかなかできることではありまあせん。
そういったことを考えると育毛剤やシャンプーだけでなく体の内側から改善するために薬の処方やサプリメントなども摂取していくことが大事だと私はとても思っています。
当然育毛剤も使いますが、そとからは育毛剤やシャンプーを良いものにして内側からは食生活の改善ですが、これはちょっと難しいのでサプリメントやあとはクリニックなどでもらった薬の処方で対策をうっていきます。

 

これが今のベストな方法かなと思います。

はげ対策の方法をまとめてみた

はげ予防の方法はいくつか考えられます。薄毛の進行具合やいくらくらいお金をかけられるのかなども関係します。

 

そこでいろいろな対策をまとめて紹介しようと思います。

生活習慣の改善

まずは不規則な生活習慣の改善をすることからです。
生活習慣を改善して体質を改善することが基本的なこととなります。

 

まだはげていないけどはげたくないという方からはげを改善したい方までが行わなければいけないことだと思います。ですが、これを継続するのがなかなか難しいことだったりするのでサプリメントなどを利用していくのも良いと思います。

シャンプー

髪の毛が生える頭皮の環境を整えるのにシャンプーは大事になります。
市販の刺激の強いシャンプーなどは良くないですから頭皮に良いシャンプーを選ぶことです。個人差はあるのですがシャンプーを変えたことで抜け毛が減ることもありますし、シャンプーを変えることは始めやすいと思います。

育毛剤を使用する

抜け毛、薄毛、はげ対策といえば育毛剤は欠かせないでしょう。

 

非常に大事ですが、これだけに頼りすぎてもほとんど変化が見られないということもあります。

 

あと全然効果がないという方もいますが、という方もいるのですが、数か月以上続けていかないとなかなか効果が見えにくかったりします。ですから他の対策も平行して行うことが重要です。

サプリメント

私の中ではこれはとても重要だと考えています。
これを飲むことで体の内側からアプローチしていきます。サプリメントもそうなのですが、プロペシアなどの内服薬も体の内側からですね。

 

サプリメントでいえばノコギリヤシや亜鉛などが育毛系サプリによく配合されている成分です。

育毛サロンに通う

これは半年や1年で数十万以上はかかると思っておいて良いと思います。
それにオプションなどを追加するとさらにかかります。

 

私も通っていたのですがお金もかかりますし、なかなか大変です。自分ではなかなか育毛できないという方は通うのも良いかもしれません。

AGAクリニック

やはり一番の方法はこのAGAクリニックに通うことかなと思っています。

 

どのような治療を行うのかというとプロペシアなどの薬やオリジナル施術などもあります。料金は内服薬の処方なら月数千円からオプションをつけることで月数万円以上になります。

 

私も行ったことがあるのですが、治療もすぐに終わりますし、内服薬だけなら高くないですし、ハードルは低いと思います。

 

ただ、薬を飲むのをやめるとまた薄くなってくるという流れになるかもしれないので先に書いた生活習慣などの改善も平行して行うことが大切です。

植毛・増毛・カツラ

自然に生えてくる毛でなくても良いという方は植毛・増毛・カツラなどの方法がありますね。
手っ取り早く見た目を改善したい方は良いかもしれません。
ただし、これも範囲や本数などで料金も変わってきます。かつらに関してもメンテナンスなどかなり出費がかさみます。

まとめ

大体こういったところがよく言われている育毛対策です。まずは自分のはげの状態、使えるお金も含めて考えると良いでしょう。

 

継続的にお金が必要になるのでそれも考えないといけません。私的にはAGAクリニックで治療を受けるのが良いのかなと思いますが、プロペシアなどの副作用が気になるとか、AGAクリニックには通いたくないという方もいると思います。

 

それなら自分で育毛剤を使ったりサプリメントなどを飲んだりを継続していくことが重要です。

おすすめのAGAクリニックは?

ではおすすめのAGAクリニックはというとポイントはいくつかあります。

 

まずは治療実績が多いことです。
AGA治療を行っている病院はいろいろありますが、先生によってはほとんど知識がなかったり治療実績がなかったりします。
ですから治療実績が多いところが良いと思います。
それだけ人気ということも言えますからね。
あとは独自の治療です。
まあこれは実績があってという前提でその病院でしか行われていない治療方法があるのかです。
当然それだけ実績があってその独自の治療方法があるということはそれだけ結果を出している可能性が高いということが言えます。
そのぶん治療の料金も上がってしまいますけどね。

 

ちなみに私が行ったところはAGAスキンクリニックです。
CMなどで流れているのでご存知の方も多いと思います。
治療実績や知名度はさすがですし、全国各地に医院がありますから通いやすいと思います。
通うといっても月一程度行くだけなのでちょっと遠くても通えるんですけどね。

 

とまあこんな感じです。

シャンプーを変えてみる。

育毛剤を使う。

食生活の改善や睡眠をしっかりとる。

栄養補助にサプリメントを摂取する。

そして、クリニックなどで薬を処方してもらう。

今はこれがベストではないかと考えています。

 

 

前髪が少ないといってもどの程度かは人によって違うので一概に言えませんが、薄くなってきていて少ないと感じるのであればそろそろヤバイですから早めの対策が重要です。
薄くなりだしたら早いですからね。

 

前髪が薄くなる原因は

髪の毛が薄くなると、容見た目なども良くなくなったり、老けて見られることもあるので、やれることなら対策を取っておくべきです。

 

薄毛になってしまう理由には、遺伝や加齢などのどうしましょうもないような理由もあります、他方にも、日常生活慣習やストレス、食事などの影響による場合もあります。
また、髪の毛の洗いすぎ、刺激の強いシャンプーで洗っていたり、しっかりシャンプー剤を洗い落とせていないことなども要因として考えられます。
また、外出して紫外線をモロに浴びてしまうと、抜け毛が増えるのにつながることもあるため、自身でしっかりと要因を掌握しておき、普段から予防を意識しましょう。

 

最近は、老化による薄毛以外の要因で、20代の若者にも薄毛が多く、抜け毛が増えたりなどの自覚症状が出る前から、予防をしておくことが大事です。

 

日常生活慣習や食事の乱れを修正していき、また、ストレスがたまりやすいという方には、自身の心持ちの切り替えや、ストレスの要因となるものを解決していくこと、何らかの悩みを持っているでしたら、まわりにいる身内や友人に話を持ちかけてみるのもストレスになってるものを軽減するには有意義な手段といえるだろう。

 

髪も洗いすぎないでほどよく洗うこと、自身の頭皮にあうシャンプーを使い、頭皮にシャンプー剤が残らないように洗い流すことも大事です。
外出するなら、紫外線から頭皮を守ることが大事です。

更新履歴